KIS Security 株式会社

​NEWS

2020.12.01

FireMonがZscaler Internet Accessに対応
 企業がクラウド利用を進めるために効率的なセキュリティ管理の一元化を実現受賞

ダラス (テキサス州) | ( 原文はこちら )

ネットワークセキュリティポリシーマネジメント(NSPM)のリーディングカンパニーであるFIREMON社がセキュアインターネット/Webゲートウェイをクラウドサービスとして提供するZscaler Internet Access (ZIA)との連携を発表しました。

企業はクラウドへの移行を進めていくとき、柔軟性や性能、対応スピードを向上させるためにSASEなどのクラウドファーストテクノロジーを取り入れたハイブリッドネットワークセキュリティアーキテクチャを採用しています。企業が従来から使用しているFireWallやネットワークのセキュリティポリシー管理とは別の管理方法を使う必要があり、管理が2重になってしまうという問題があり移行の妨げになっていました。今回、FireMon Security Managerを使うことにより、従来からのFireWallなどと同じようにZscaler Internet Access (ZIA)のクラウド ファイヤーウォール のセキュリティポリシーも可視化して管理することが可能になります。2重管理の問題から解放されます。これによりハイブリッドネットワーク環境への移行はよりスピードアップされ、なおかつ可視化やポリシー制御、コンプライアンス遵守を継続してシンプルに管理できます。

FireMon は、Zscaler と FireMon の API を活用してリアルタイムにポリシー分析を行い、ネットワークセグメンテーションを保証するために効果的で最適にポリシーを適用します。 企業は、ネットワークポリシーやルールの適用状況に関する情報を、ダッシュボードを使用して確認できます。一元的な管理アプローチにより、企業はルールやコンプライアンスに対するポリシーの検証、ネットワーク全体のアクセスの分析、変更の監視を行い、リスクを迅速に特定できます。FireMonとZscalerを併用することで、お客様のセキュリティ体制が改善され、自動化されたレポートによってガバナンスとコンプライアンスの管理が簡素化されるため、同一管理画面での管理操作だけになります。

FIREMON社のSatin H. Mirchandani社長兼最高経営責任者(CEO)は、以下のように述べています。

「Zscalerとのパートナーシップを通じて、企業はゼロトラスト、クラウド中心のネットワークおよびセキュリティアーキテクチャに向けてより速く移行することができます。 当社のパートナーシップにより、複雑さを軽減し、セキュリティの問題発見と対応速度を向上させ、一元的にポリシーを管理するためのプラットフォームが提供されます。」

ZscalerのAmit Raikar事業開発担当副社長は、以下のように述べています。

"数多くのZscalerを利用の企業がZero Trust Exchangeを利用して、アプリケーション、ユーザー、デバイスをどこからでも安全に接続し、デジタルトランスフォーメーションを確保しています。企業は、ハイブリッドネットワークに移行したあとも、継続して実施しなければならない数多くの既存のセキュリティポリシーを抱えています。FireMonとZIAの統合により、単一のプラットフォームで、ネットワーク全体のこれらのポリシーを可視化し、正規化し、管理することができます。

FireMonは、ネットワークセキュリティポリシー管理(NSPM)プラットフォームであり、お客様は単一のインターフェースを通じて、クラウド、オンプレミス、ハイブリッドネットワーク全体のセキュリティおよびコンプライアンスポリシーを可視化、制御することができます。独自のヘッドレスAPIにより、企業やテクノロジーパートナーは、自社のワークフローを変更することなく、プラットフォームで利用可能なあらゆる機能を統合し、活用することができます。

 

 参考:ZscalerとFireMonの連携についてはこちら(英語)

 

◆FIREMON社について

FIREMON社はネットワークセキュリティマネジメント分野のリーディング‐カンパニーです。ファイアウォールの動作テスト、ワークフローの統合、トラフィックフロー分析、ルールの再構築などのこれまでにない機能を提供してきました。FIREMON社のソリューションは、世界で1,700社(70カ国)以上の企業で複雑なネットワークセキュリティインフラストラクチャの可視性と管理を支援しています。