top of page

標的型攻撃メール訓練サービス KIS MailMon

標的型攻撃メール訓練サービスとは

なぜ標的型攻撃メール訓練は必要なのか?

・標的型攻撃から会社を守るため社員の意識改革

・感染時の社内の対応スピードの強化

・社員教育の実施結果の保管

社員の意識改革

 

訓練を通じて巧妙化する

標的型攻撃メールやビジネスメール詐欺への耐性を身に着け、情報の搾取や金銭の搾取から身を守るため

対応スピードの強化

 

日々増え続ける標的型攻撃から100%身を守る事は難しく、社内で決められたルール通りに行動しているか確認するため

 

実施結果の保管

 

適切な社員教育が実施されているかを確認し、保管していることが会社を守る事につながります。社員教育の履歴を残すため

社員の意識や社内ルールの現状把握と

次回の訓練計画や教育実施のエビデンスとして有効

<< ​最近のセキュリティニュース >>

セキュリティ

ニュース

NEWS icon

2023年10月24日

IT Media

セキュリティ

ニュース

NEWS icon

​2023年3月20日

Internet Watch

​--- 訓練をするには何を決めればいいの? ---

 

​訓練を実施するには、訓練対象者リストや訓練内容を作成し、業務の負荷がかからない

配信スケジュールを決める必要があります。

標的型メール訓練の流れ

IPAやフィッシング対策協議会の注意喚起や流行りのメールを参考に
訓練シナリオ(170種類以上)を用意しています。​
配信リストと配信スケジュールのみで簡単に訓練ができます。

--- ​こんな方におすすめ ---

全ての機能を無料

​お試しできます。

資料をダウンロードして

​確認する。

メール

問い合わせ

bottom of page