KIS Security 株式会社

​NEWS

2022.08.05

これが新基準! 標的型攻撃メール訓練サービス 「KIS MailMon」がバージョンアップ

ユーザー作成の添付ファイルを利用した訓練も可能に

2022年8月5日より提供開始

 KIS Security株式会社(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:稲田清崇)は、標的型攻撃メール訓練サービス「KIS MailMon (ケイアイエス メールモン) 」を、2022年8月5日(金)にバージョンアップをします。バージョンアップにより、顧客から要望の高いファイルタイプの追加やsandbox等によるメール閲覧を一目で判別できるように改善しました。ファイルタイプはPDFファイルに加えWordファイルを訓練に使用することができます。Emotetでよく使わる手法での訓練を実施できるようになります。

KIS MailMon logo

KIS MailMon バージョンアップによる主な変更点


・オリジナルのWordファイルを使用可能。添付ファイル型訓練がより便利に!
 

添付ファイル型の訓練は、PDFファイルに加え、オリジナルのWordファイルによる添付ファイル型の訓練が可能となりました。標的型攻撃(Emotet等)が活発化していますので、Wordファイルによる訓練は、より効果的な訓練を実施できます。今後Excelファイルなどのファイルタイプを順次、拡張します。

プレビュー.png


・sandbox等によるメール開封を素早く判別
 

メールセキュリティ対策としてsandbox等を導入している場合に、訓練対象者がメール閲覧をしたのかsandbox等によりメール閲覧をしたのか、判別ができないことも多くあります。KIS MailMonでは、訓練対象者のすべてのステータスを記録したイベントリスト.csvと訓練対象者の一覧表示する訓練結果.csvのデータを提供します。

イベントリスト.csvでは、パソコンやスマートフォンからのステータスの記録やsandbox等によるステータスも記録し、メール開封やメール本文のURLクリック・添付ファイルの開封などを確認することができます。メール開封時のアクセス時間やIPアドレスによりsandbox等からの判別を行えます。

今回は、訓練結果.csvの項目に、各ステータスの初回に記録した時間と2回目以降に記録した最終の時間を表示しました。


    <イベントリスト.csv>訓練対象者の全てのステータスを時系列で確認できます。
 

イベントリスト.csv.png


  <訓練結果.csv>訓練対象者の一覧や各ステータスの状況を確認できます。
 

訓練結果.csv.png


・訓練設定時の訓練内容のプレビュー表示により大幅な効率化を実現
 

訓練シナリオギャラリー(テンプレート集)から訓練シナリオをインポートする際に、訓練内容(メール本文・リンク先画面)をプレビューにより確認できます。訓練のスケジュール設定時にも訓練内容のプレビューを表示し、訓練内容を迷うことなく簡単に行えます。


・訓練中の訓練終了期間を延長できる機能を追加
 

訓練のスケジュール設定後や訓練中に、意図しない理由により訓練終了期間(ステータスの記録時間)を延長したいことがあります。訓練の設定後や訓練中に訓練終了期間を延長できる機能を追加しました。

【関連情報】

KIS MailMon 訓練実施 無償キャンペーン実施中 9月30日まで​

【 KIS Security株式会社について 】

経験豊富なセキュリティ専門家が新たにKIS Security株式会社を2021年4月に設立しました。テレワークの広がり、DXによる情報の変革、ネットビジネスの多様化などにより、企業のサイバーセキュリティが一層重視されている現在、KIS Securityは、多様化・変革し続ける社会に対して信頼と安心のセキュリティソリューションを発信してまいります。

 

本件に関する問い合わせ

KIS Security株式会社 広報担当

問い合わせはこちら

 

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本リリースに記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。